【プリコネR】星下げ機能の隠れたデメリット【2.5周年】

【プリコネR】星下げ機能の隠れたデメリット【2.5周年】

 

日本中のあまねく赤ちゃんが渇望した☆下げ機能...。

 

きたるプリコネRの2.5周年で、ようやく星下げ機能の実装が確定したわけですが、見ている限り喜んでいる人が大多数である一方、『マジかよ...』とテンションが下がっている人も一部で見受けられます。

 

萎えてる人がいるその理由、わかりますか🥺

ジェフリー・ダーマーより賢いあなたならすぐわかるはず。

 

【プリコネR】星下げ機能実装のデメリット【2.5周年】

 

ズバリ、クラバトの検証パターンが無限に増加してしまい、コンマレベルのダメージを争うクラバト上位勢の拘束時間が実装前よりも格段に長くなってしまうのと、星超過によるニャル砲の "言い訳" が難しくなります。

 

以前なら『パーツの星的にニャル砲無理なんで自分は普通に殴りますわ~』と手を抜いていたのが一転して通用しなくなり、『星変えられるんだからニャル砲使えるだろ。ニャル枠捨てて雑凸すんなぶっ〇すわよ』とクラン全体にプレッシャーがかかります。残された言い訳は装備ランクと家族の危篤のみ。

 

また、先ほども述べたように、検証パターンの増加によって情報アドが作用しやすく、クラン毎でのダメージ差が広がりやすくなり、旧来よりもクラン毎のダメージ差が大きくなるかもしれません。もっともこれに関しては、上位勢がどこまで情報を公開するかにも依るでしょう。みんな明け透けにするならそこまで格差は生じないかもしれません。

 

 

【クラバトを危惧する街の声】

  • 星下げクラバトの編成考察の時間が...
  • TL作成めんどくさ
  • 星下げとかクラバト勢地獄やん
  • これ喜んでる時点で初心者なの丸出しで、ガチ勢はクラバト模擬戦の検証がヤバいことになるんだが
  • クラバト編成いろいろ試せるのは嬉しい一方、裏を返せばいろいろ試さないとダメージロスに繋がるという😢

 

 

もっと拘束時間伸びるよ!

もっと拘束時間伸びるよ!

 

クラバト拘束時間が伸びる諸々の要因と、それで起きうる悲劇

 

  1. 星変更で検証パターンが爆増
  2. 星変更による構成の多様化から、クラン毎の情報収集力や総模擬試行回数の重要性が増す
  3. ニャル砲不使用の言い訳が難しくなる
  4. ボス体力が低水準のまま変わらない一方で火力はインフレ
  5. 上記を理由に時間をフル(1:30)に消費できるシチュエーションが少ない
  6. 重複永続バフや特有の累積を持つスロースターター、および時間とともにダメが伸びるニャル砲の使用機会をうかがう凸待ちが増える。これらは中途半端な残り体力のボスには吐きづらい
  7. 以前実装された持越し時のパーティ変更でもパターンが増え、シチュエーションが複雑化
  8. サポートキャラを借りる側での星変更ができないため、サポートキャラの☆変更指示と要望およびそれらコミュニケーション
  9. 星変更忘れのうっかりミスで本戦事故
  10. 渋滞や凸待ちの増加
  11. 上記複数要因で進行役の負担増
  12. 凸漏れや5時徹夜の発生
  13. ニャル砲サボりや検証手抜き雑凸メンバーへの風当たりが強くなる
  14. クラバト上位勢の隠居や脱落が発生

 

上記は些末な点や誇大妄想もありますが、おおむね間違っていないと思います。

 

凸構成に多様性が出るということは、その多様なパターンを一つでも網羅的に検証する必要が出てきますし、想定されるシチュエーションもそれに伴い増加するでしょう。やりがいと負担は表裏一体です。

 

クラバト上位勢では星下げ機能を歓迎する人と、そうでない人のどちらが多くなるでしょうか。なんだかんだ嫌がってる人も少なくないのではと思います。古戦場ほどではないにしろ、クラバトから逃げる人も出そうですね。模擬戦検証から逃げるな!

 

 

女神の秘石がキツくなる

女神の秘石がキツくなる

 

これまでは『育成しないこと(星止め)』が合理化されているキャラが複数いました。

 

しかし最近は、相手によっては星の適正を超過しないと耐えられないケースも発生するようになりましたが、適正は受けの広さを持ついわば "一般的な最適解" なので、そのままの状態でホールドする人が大多数でした。

 

ところが、これからは星5までの開花が最善となるため、星止めを合理化できなくなり、あらゆるパターンに対応するための☆5用意が求められますから、これまで星を止めていたキャラを開花するための女神の秘石が追加で必要になります。例えばバレシズや水サなどがそれですね。

 

運営が当機能を実装した理由の一つには、クレーム対応の他に『ユーザーにリソースを使わせる』というものがあったと思われます。ユーザーを秘石不足に陥らせることで、石が付いてくる円盤やガチャに課金してくれますからね。

 

育成止めは本来的に運営から見ても望むところではありません。育成しなくて済む分だけリソースが浮いてしまうからです。

 

 

エンジョイ勢と星止め

これまで、星やランクに無頓着なエンジョイ勢の中でも、とりわけ思慮深い人はキャラ愛による最大開花を我慢してまで律義に星止めしていましたが、これからは心置きなく星5開花して称号を受け取ることができます。やったねたえちゃん!

 

さて、いまさら不穏なことを言わせていただくと、本来的に星やランク止めはアリーナやクラバトの上位クラスが気にすれば良いものであって、プリコネをバトルものとして消費していない(単なるキャラ萌えゲーやコミュニティツールとして遊んでいる)低ランカーのエンジョイ勢がこれまで星やランクを止めていた意味はハッキリ言ってありません。皮肉って言えばロールプレイです。

 

もう一度言います。エンジョイ勢が星やランク止めを気にしても無意味です。世間で言われている

 

  • 星止め
  • レベル止め
  • 専用装備レベル止め
  • 装備ランク止め
  • 装備部分装着や精錬石の☆調整、全裸
  • 絆止め
  • EX止め

 

の話は、上位20%や10%レベルのガチ岸テリトリーであり、エンドコンテンツに取り組んでいないエンジョイ勢が気にして得をする要素は基本的にありません。なので、これまでもこれからもエンジョイ勢は育成止めに手を染めなくてOKなのと、星を下げる必要もナシ。クラバトもアリーナもやらないのに星を下げたところで、それはただのロールプレイでしかありません。

 

イキりが過ぎましたが、私は事実を言っているつもりです。どのみちエンジョイ勢では世間が言う適正コンディションにしたところで役に立つ場面が来ません。適正など好きなだけ超過してください。エンジョイ勢は何も考えずに全部最大強化の方向で。それで特に損失はありません。

 

 

ぶっちゃけ根本からTP面変えてほしかった感

ぶっちゃけ根本からTP面変えてほしかった感

 

星問題の解決法に関しては、かねてより2つのイデオロギーがありました。

 

一つは

 

『星下げランク下げさせろ』派

 

もう一つは

 

『根本のTPチャージ計算式を修正するか、あるいは星上げでTP上昇をボーナスすれば星下げなんかしなくて済む』派

 

 

私個人の意見としては、星下げよりは純粋に

 

≪強化したらした分だけ素直に強くなる≫

 

仕様の方が良かったなぁと思っていますが、幸か不幸か今回は星下げの方が実装されました。正直手放しで喜べない自分がいる。組み合わせが増えて面倒くさいもん。

 

 

ちなみに、運営は『敵に合わせて(☆を)変更し、より戦略性の高いバトルを楽しみましょう!』と公式に発言(下記引用参照)しているので、戦闘の幅を広げるために意図して星下げを選択導入したと思われます。それかTP面のシステムを変えられなかったことを合理化しているか。どうなんですか覇瞳唯人陛下プロデューサー。

 

 

いずれにしても、これまで戦闘面でプレイヤー毎の差を演出し難く、シャドバ環境のごとく多様性に欠いていたプリコネは変わろうとしています。

 

これからは星を上手く調節して場に合わせた最善を見つけることで、上手い人はより有利に戦闘を進めることができるわけですが、裏を返せば下手な人のパフォーマンスは落ちるでしょう。きっと『星をどうすればいいかわからない』とうろたえるはずです。そして結局ネットの意見を鵜呑みにします。それが正解なのかもわからずに。

 

アリーナの構成すら自分で考えられずにインフルエンサーのレシピを丸コピしている人が一定数いる現状、星下げによる多様化によって彼らは苦労するかもしれません。イナゴはやりにくくなります、たぶん。きっとね。結局変わらないかもしれないけど。ただ少なくともややこしくなる。

 

 

次は装備ランク下げ要求が噴出する予感

人は一つの要求が通ると、味を占めて次の要求を始めるケースが少なくないので、星下げが通った次は装備ランク変更の要求を始める人が一定数出てくることでしょう。いやずっと前からいますけどね。

 

とは言え、運営が以前から実装を匂わせていたのは星下げだけでしたので、装備ランク下げが実装される可能性は低いと私は思っています。

 

そもそも星変更に装備ランク変更まで実装されたら、いくらガチ勢でもさすがに不満が噴出するでしょうし、多様性や組み合わせがあり過ぎるのも、それはそれで問題だと思います。選択回避の法則のように、択が多すぎても往々にして人はバグってしまいますので。

 

 

運営、ありがとう

さまざま思うところはあるものの、まずは『運営ありがとう』と声を大にして言わせていただきたい。ユーザーの不満を取り除き、ゲームを進歩させるために有言実行してくださったことには感謝の意を6超ベクレルくらい表明しますし、その他にも最近はいろいろ吟味して調整しているのが伝わってきます。水着ハツネはさすがにちょっと弱すぎたよ。

 

最近は雑なぶっ壊しインフレもしなくなりました、コンテンツの寿命を最大限に延ばそうとする運営の意思が伝わってきます。運営が『我々プリコネ好きっす♡』と言っていただけはある。でもチツネといい水着ジュンといい手心が余る一面も否めない。

 

そうだ、最後に一つだけ。

 

なんてったってクラバトボスの体力増やして。これだけは譲れない。お願い運営シンデレラ!! 夢は夢で終われない🤮

 

これからも良きゲームとその環境の提供をよろしくおねがいします。