【プリコネR】多くの限定キャラは引かなくても問題ないという話

多くの限定キャラは引かなくても問題ないという話

 

こんにちは。限定キャラ未所持率の高い "おりゃん民" の因幡です。

 

さっそくですが、プリコネRプレイヤーの中には『限定ラッシュに追いつけないから引退します』と言ってゲームから去っていく人が一定数いますね。

 

実際、半年に一回は必ず "引退ラッシュ" が騒がれており、検索エンジンやツイッターの検索窓に『プリコネR』と打ち込んだ際、続くサジェスチョンに『引退』という文字が出てくることもしばしばです。こうして候補に出る程度には活発な話題であり、風物詩と言っても過言ではありません。

 

 

プリコネRは無料ガチャによる新規赤ちゃんの出生が多い一方で、ガチャを理由にやめていく人たちが多いゲームでもあります。

 

私はあの人たちを見ていつも首を傾げています。なぜかと言えば、多くの限定キャラは引かなくても問題ないからです。

 

そりゃ限定がいないよりはいた方が有利に決まっていますが(それはそう)、私からすれば、限定キャラを引けなかったりジュエルが足りないからという理由でゲームそのものをやめる意味がわかりません。

 

もちろん、プレイヤーの中にはキャラコンプをゲームの目的としているコレクタータイプの人がいるでしょうし、そうした一部の人は限定キャラを引けないことに耐えられないでしょうが、実際この手の人はそこまで多くないはずです。

 

 

ということで、今回は限定おりゃんに苦しんでいる人や、現在形で引退しようか迷っている人に向けて私なりの意見を発信してみたいと思います。よろしくお願いします。

 

 

限定がいないと付いていけないという誤解

限定がいないと付いていけないという誤解

 

『限定キャラの大部分を揃えていないとまともに遊べない / 付いていけない』というのは勘違い───思い込みです。

 

限定キャラの未所持率が高くてもメインクエストのコンプは容易ですし、ルナの塔はEX含め毎月登頂できます。またクラバトで最前線並みの活躍をすることも可能です。『限定キャラが少ないから』というのは言い訳に過ぎません。

 

上記のソースは私です。私は水キャルもムイミもクリスもニュヨリもハロキョもウヅキもクリチカもクリクリスも持っていなかったり、あるいは引いていても育てていなかったりします。例えばクリスはおばさんキャラが嫌いで使っていません。レベル1です。

 

私は何十万円もかけてキャラをコンプし最前線に縋る理由がないので、有償ジュエル課金は一切していません。特定のキャラが好きでこのゲームを始めた以上は、好みのキャラだけ引ければそれでいいと思っています。競争には大して興味ありません。

 

実際、キャラ所持数もこの程度です。限定を持っていない様子が伝わると思います。

 

プリコネ キャラ所持数

 

※アイコンをぼかしている理由は著作権のため

 

私はガチャ課金をしない(ダンジョンパックしか買っていない)ので、ジュエルの関係上限定キャラをコンプすることはできませんし、実際多数の限定キャラをスルーしていますが、とくに攻略に詰まることもなく、アリーナも100位以内に入っています。

 

私の価値基準で言えば、限定キャラはネネカと水サレンとニャルさえいればあとはどうでもいいです。この3人はかなりアドが高いです。(何となくおりゃん煽りになりかけててごめんなさい)

 

巷では人権人権言われているニュイも正直いりません。ひと昔前はともかく、今は彼女がいなくて詰むような局面も特にありません。あくまで持っていればやりやすい場面が増えるというだけの話です。

 

 

一線級のガチ勢でもないのに揃えて何を

クラバトやアリーナで一線級───上位1%に入るような目覚ましい活躍をしたいと望むのなら、限定キャラのコンプは必要課題となるでしょう。しかし、そこまでガチでやるでもない人は、限定キャラを追っかけて疲弊する必要も意義もないのです。

 

私は逆に訊きたいです。『ニュヨリやクリチカやウヅキやハロウィンキョウカやバレシズがいないと詰むコンテンツは何ですか?』と。 無いですよねそんなの。じゃあいなくても問題ないです。

 

仮に必須級でない限定まで当て続けたとして、せいぜいクラバトの総ダメージが10%-20%伸びる+アリーナの二桁台維持が容易になる程度だと思います。

 

考えてもみてください。何万円、何十万円もかけてクラバトのダメージを数パーセント伸ばしに行く意味ありますか?

 

何万円、何十万円もかけてアリーナ最前線に張り付く意味ありますか?

 

かける費用と比較してもリターンが少なすぎます。

 

もちろん、本人がそれを認めた上で楽しんでいるのなら口の出しようはありません。ですが、上記について考えてみると、大抵のプレイヤーは自分が限定を集める必要のないことに気が付くと思います。あなたがガチガチのガチ勢でないのなら、限定キャラに固執し収集にこだわるのをやめましょう。

 

それにどのみち、微・無課金な時点で限定キャラの取りこぼしは発生します。お金を出せないなら潔く諦めてください。

 

限定キャラに対する収集の義務感やおりゃん恐怖症を捨てさえすれば、限定ラッシュに疲れて引退する気もなくなります。

 

 

限定キャラの多くはすぐ型落ちする

限定キャラの多くはすぐ型落ちする

 

私は運営ではないので確かなことは言えませんが、無責任を承知で主張させていただきます。限定キャラの☆6は実装されない可能性が高いため、能力のアップデートがはかられず、結果として型落ちになるのが早いです。実際に過去の限定キャラの多くは型落ちしています。

 

【型落ち(倉庫番)限定キャラの例】
  • レム
  • ラム
  • エミリア
  • ルゥ
  • ハロウィンミサキ
  • ハロウィンシノブ
  • 水着タマキ
  • 水着ペコリーヌ
  • 水着スズメ
  • 水着スズナ
  • 水着マホ
  • クリスマスクリス
  • クリスマスアヤネ
  • リン(デレマス)

 

【遠からぬうちに型落ちしそうな限定キャラ】
  • 正月ヒヨリ
  • 水着キャル
  • ウヅキ
  • バレンタインシズル
  • 水着マコト
  • 正月ユイ
  • ハロウィンキョウカ

 

【型落ちしなさそうな限定キャラ】
  • クリス
  • ムイミ
  • ネネカ
  • プリンセスぺコリーヌ
  • 正月キャル
  • 正月コッコロ
  • 水着サレン
  • クリスマスチカ

 

※あくまで個人の感想です

 

 

現状の☆6実装は非コラボかつ恒常キャラが優先ですので、今の☆6実装のペース(半年で10人以下)から推測すると、仮に限定の☆6実装が行われたとしても数年後になるでしょうから、☆6化を受けるまでの数年間は型落ちのまま倉庫番になります。

 

たしかに直近の限定キャラは、今のインフレしたパワー水準になぞらえた性能を与えられてはいますが、今後次々と恒常の☆6化が進んでいくことを考えた場合、一年と持たずに倉庫番となる可能性が高く、テコ入れの専用装備実装によって環境に復帰しても結局は間もなく再び倉庫番になります。なぜなら、☆6化のインフレ(スタッツ+UB大幅強化)に敵わないからです。

 

また、すでに専用装備が実装済みの限定キャラは今後のテコ入れが望めませんので、専用込みで倉庫番になっているキャラ───すでに上位互換を実装されているキャラは今後も永久的に倉庫番である可能性が高いです。いわゆる産廃ですね。

 

 

そもそもの話、限定キャラの☆6化がいつか起きるとしても、そこに着手するであろう数年後にプリコネRが存続している保証はまったくもってありません。今のソシャゲ業界の不況から見てもあと3年持てば良いほうでしょう。限定キャラの☆6化前にサービス終了している可能性が高いです。

 

それにもっと言えば、数年後にあなたがプリコネを遊んでいる保証もありません。数年後にはプリコネというゲーム自体が技術的に型落ちしていると思われますので、その頃のあなたは別ゲーに移っている可能性も大いにあり得ます。

 

 

限定キャラに対する私なりの結論としては、大半の限定キャラは実装からの数か月間しか活躍することができず、またテコ入れ後の将来性もなく、したがって重要度はさほど高くありません。

 

では少し見方を変えて、前述の "型落ちする大半" に当てはまらない恒久的な人権限定キャラの条件とはいったい何でしょうか。以下に見ていきたいと思います。

 

 

必須級の限定を見極めて引く慧眼が求められる

必須級の限定を見極めて引く慧眼が求められる

 

多くの限定キャラはすぐ型落ちしますが、すべての限定がその限りではなく、一部のキャラは人権として環境に残り続けます。

 

ではどういった限定キャラが必須級になりやすいかと言えば、オンリーワンな能力を持っている限定キャラです。唯一性の高いキャラはなかなか型落ちすることがありません。

 

例えば水着サレンの初手TP大量ばら撒き、ネネカのUB、ムイミの天楼覇断剣ギミック、プリペコの再生、超火力のニャルなど、こうした尖った能力は互換されにくく、いずれかのコンテンツで刺さる場面が必ず出てきます。

 

それとは反対に、例えば水ペコや水タマやハロシノやクリアヤネのような単純火力系のタレントはインフレに容易に置き去りにされてしまうので、こうした他キャラとのシナジーを持たない自己完結型は必須級になりにくいと言えます。あまり代り映えのしないダメージソースキャラは長持ちしませんし、専用が来ても半年も経てばベンチ入りしてしまいます。

 

サポート要素の薄い単純火力は大抵ベンチ入りになるのと、例えばエミリアやレムのような『攻撃と回復両方できます』的な器用貧乏も大抵使いどころがありません。人間と同じで、代わりがいくらでも用意できる能力ではダメということですね。

 

これらのことから、すべての限定ガチャを引くことができない微・無課金プレイヤーは引くべき限定キャラを自分で判断する必要があります。

 

なぜ自分で判断するのかと言えば、一部のプリコネインフルエンサーがしばしば雑に『人権 / ぶっ壊れ / 強すぎる』などと誇張して宣伝していたり、他人に無駄なジュエルを使わせるために弱いキャラに対してあえて太鼓判を押す番外戦術プロパダンガプレイヤーが現れるので、それらに乗せられて考えなしに引いてしまうとジュエルが溶けて底をつきます。あれらはただのポジショントークや口任せと解釈すべきです。カヤぴぃすら『強すぎる』と言ってしまうような人をあまりアテにすべきではありません。

 

限定ガチャを引くべきか否かの判断材料にすべきは『今の自分に必要な能力を持っているかどうか』という点と、『型落ちしにくそうな能力を持っているどうか』の二点です。これは企業の人材採用と似たようなものです。この二点に合致しない場合は、専用で化けないことをお祈りしつつスルーしましょう。スルーには勇気が必要です。

 

また、専用によるテコ入れ具合は運なのでそこは仕方ありません。最初は弱くても、後から専用装備によって極端な強化を受ける可能性もあります。

 

いずれにしても、引くキャラを正しく絞りさえすれば、最悪は無・微課金の範囲内でも戦力を整えつつ最前線付近を維持することができますし、それに考えてもみれば、大抵のプレイヤーは微課金なわけですから、自分が限定を揃えられないからといって競争から脱落するわけでもありません。

 

 

サイゲームスにヘイトを向けるのはお門違い

限定ラッシュの度にプリコネR運営へ対してヘイトが向かっている様子を目撃しますが、運営を叩くのはお門違いです。

 

運営は商売でゲームを運営しているわけであって、ユーザーのご機嫌取りのボランティアではありませんし、収益を得る必要がある以上は儲けの出る限定キャラを導入してきます。そして、お金を出せるユーザーはキャラコンプで何かと優位に立ち回れます。お金を持っている人がアドを得るのは、ゲームのみならず社会全般においてもそうです。お金を出さない人は優遇されません。

 

それに、お金を使わずに平等・公平なプレイをしたいのなら、それこそソシャゲは向いていないでしょうし、課金での格差発生に不満があるなら格ゲーやコンシューマーのFPS(PCだとデバイス性能で差が出てしまう)や将棋でもやった方が良いと思います。

 

プリコネRを始めた理由を忘れましたか

そもそもの話、限定キャラが来るたびに嫌な気持ちになるということは、ゲームでの競争(キャラを引けずに脱落したくない)を第一に考えているからそうなるのであって、私的にはなんだかなぁという気持ちになりますね。本来的には新規キャラの実装は喜ぶべきことであり、あまつさえそれをストレスに感じるようになるあたり、とんだお笑い種だと思います。

 

プリコネRは第一にアニメストーリーありきの萌えゲーに過ぎませんし、札束を投げられないなら競争ではなくキャラを愛でることに注力しても良いのではないかと思います。プリコネRをプレイする目的が、いつの間にかキャラ愛(め)で盆栽ゲーから強迫観念じみた脱落方式の競争と化してはいませんか。これにギクリとした方は少なからずいらっしゃると思います。

 

プリコネRが現在のサイゲームスの稼ぎ頭となった以上、これからも限定キャラの実装は続きますし、プリコネRを遊ぶ動機やモチベに競争的・脅迫的観念を抱いている限りは、この限定ストレスから解放されることはありません。これからもずっと『引けなかったらどうしよう / 限定キャラはもう来ないでくれ / スルーしたいから弱い限定であってくれ』と怯え続ける事態になります。

 

 

己がプリコネRを遊んでいる理由と今一度考えなおすとともに、今後は引くべきキャラを厳選しつつ楽しくプリコネRを遊んでもらえたらなと思います。肩の荷が下りた方はこれを機にまったり盆栽ゲーへ移行しても良いのではないでしょうか。

 

ということで、キリが良いのでこのあたりで終いにさせていただきます。