【イクメン必見】美味しいオムレツの作り方


 【拝啓】

盛夏の候、赤ちゃんたちは(水着キャラのせいで)ますますご隆昌のこととお悦び申し上げます。

 

平素は格別のサマーウルフェンブリッツ!!を賜り、誠にありがとうございます。

 

銅駝三鷹!!

胴打三鷹!!

堂田三鷹!!

 

目下、全国各所で偶発的に流行り病が発生しているらしく、その症状の大きな特徴として、V3と称される男の『どうだみたか!!』が脳内で激しくハウリングすると言われています。現在、原因を鋭意調査中。

 

 

さてと、盛大にタイトル詐欺をかましたところで、来(きた)るプリコネRの2.5周年を祝し、些末なトピックを小出しに雑談していこうかなと。

 

ところで『もうプリコネの記事あまり書かないよ』と釘を刺したのに、未だにプリコネ記事の更新待ちでチェックしに来る人を見るとなんか素で困るんだよね。そろそろわかってほしい。

 

Look.

 

 

ブログ内検索(出力:プリコネ)でブクマする人がいる始末だし、ガチでプリコネの記事しか読む気無いのが伝わってくる。しかも3人。許せねぇ...!!

 

そんでもって、遠回しに『プリコネ記事書け』という圧力をかけられててつらい。だからプリコネブログじゃないって言ってるじゃん🥺🥺🥺

 

とか言いつつ書いてるわけだから世話ないね。

 

 

迅速に凄惨にクラバトボスの体力増やして

昔に比べてクラバトで出せる火力が格段に上昇しているにもかかわらず、ボスの体力が大して変わっていないので、煩雑な持ち越しシチュエーションが増えたり(加えて、持ち越しの仕様変更でさらに煩雑になった)凸被りでの事故が以前より発生しやすくなってしまいました。

 

また上位クランともなると、持ち越しを吐けずに凸漏れしてしまう事故も増えたようですね。

 

プリコネRで実装するべき機能や変更するべき仕様について

 

これいつになったらやるんですかね。本当にいい加減にしてほしい。

 

環境全体のダメージが上昇している一方で、ボスの体力は据え置き...と。

 

これのせいでどんどんクラバトが面倒になっていますし、正直なところ、上位陣からすればストレス要因にしかなっていない。なぜ数字をいじるだけのことが...。WHY?

 

本件は一年前からさんざん言われてきたはずです。エリコのオブセ+のときから話は始まっていた。

 

しかも最近は、水マコトやクロエや水ルカといったキャラに対し、フルタイム向けの能力を与えているのにもかかわらず、肝心のクラバトでフルタイム戦える状況は減少しているため、満足に使わせる気があるのかないのか疑問に思います。超遠回しに喧嘩売ってんのかと。

 

 

ボス体力問題に関して、運営は『客の一部が過剰に騒いでいるだけだ』という認識でも持っているのでしょうか。実際はエンジョイ勢を除くユーザーとゲーム全体の問題なのに。 

 

私は個人的に2.5週年でクラバトボスの体力が引き上げられると信じています。信じています。信じています。信じるものは(足元を)すくわれる。

 

I KNOW.

体力引き上げに際して、運営が危惧している事態も大体は察しが付きます。ニャルのせいです。

 

ニャルのダメージは時間と累進的に増加していきますから、ボスの体力が増えれば増えるほどニャルでダメージが稼ぎやすくなり、よりニャルゲーが加速する危険性があるんですよね。運営が体力上昇に手をこまねく理由があるとすれば、唯一これだと思います。

 

いずれにしても、これ以降もボス体力の据え置きが続いた場合、ワンパン祭り状態になって持ち越しや凸被りが超絶面倒くさいことになります。バタバタ倒れていくボスなんて、これもうボスじゃなくてザコ敵だと思うんすけど...。

 

キャラのバリューがインフレしてるんだからボスも調整してよ運営。

 

 

クランにおける寄生メンバーの防ぎ方

このネタなら真面目に一記事書けるものの、今回はここで軽く触れておきます。あとで検索流入向けの記事でも出そうかと。

 

さて、身も蓋もない話、やりがいや達成感というものを抜きにして考えた場合、クラバト寄生はやり得です。今ムッとしましたねお兄さん。

 

上記の理由として、クラバト報酬は自分のスコアではなく自クランの順位に依存する上、たとえ報酬確定前に強制除名されようとも報酬は貰えてしまうため、数日間のクラバトへわざわざ律義にコミットする "合理的な理由" はありません。仕事をサボっている人と真面目にやっている人で給料が同じだったらサボり得ですよね。それと同じです。

 

もちろんサボればヘイトは貰いますし、コンテンツに参加しないのですから自己実現欲求は満たされず、精神的な達成感も得られません。クランもクビになるでしょう。

 

ですが、参加しても参加しなくても物理的なリターンは微々たる差です。これは紛れもない事実。だから30人もいれば、寄生を企む者は必ず出てくるわけで、ほとんどどのクランにも寄生者が湧きます。

 

実際、上位クランにもまれに報酬目的の寄生が出るし、中位クラン以下ではモチベの安定しない人が一定数いることから、『今月やる気ないしいいや~~』くらいのノリでサボる奴が出てくる。

 

クラバト寄生者は自己都合でメンバーに不快感を与えるクズである一方、頭が良いのは確かでしょう。ただし、それは純粋な賢さではなくズル賢さ、ですが。しかもコンテンツを丸々一つ放棄しているわけですから、ゲームで遊んでいることの意義を何割か喪失しているとも言えます。

 

ゲームコンテンツを丸々スキップするほどの効率厨なら、もうゲーム自体をやめた方がいいと思いますけどね。そっちの方が人生の効率良いですよ。

 

 

さて、前置きがクソ長くなってしまいました。そろそろ本題へ。

 

寄生の防ぎ方のコツ、それは『やる気のない地雷メンバーをいかにして見抜くか』にあります。至極真っ当すぎてつまらない意見であることは承知ですが、ともかくまぁ見てください。

 

やる気のないプレイヤーの特徴
  • 開始時期(プレイ歴)から見た戦力および総戦力が低い。おそらく普段からスタミナやリソースをロスしまくっている
  • キャラレベルをPLvまで上げ揃えていない。要するにズボラ。たぶんリアルの部屋も汚い
  • 適正ランクや☆およびRank止めを知らない。意味不明な育成を施している
  • Tier1キャラでさえ装備を精錬石で強化していない
  • 絆ストーリーを見ていない
  • ルナの塔を攻略していない
  • アリプリの順位が低い
  • ダンジョンの攻略が遅い
  • ギルドハウスの意匠がいい加減。もっと言えばほぼ初期状態
  • ログイン間隔が長い ← ここ重要
  • クラン加入時に無言
  • チャットに一切参加しない。スタンプの挨拶も無し
  • プロフに不穏なことを書いている
  • ツイッターのゲーム垢を持っていない

 

もっとも容易な評価点として、ログイン感覚が長いプレイヤーの意欲が低いのはまず間違いありません。

 

私が見てきた中でも、ログインの間隔が空いていたり、頻繁に【最終ログイン:一日以上前】が出ている人は本当にやる気が無く、クラバトが始まると余計ログインしなくなったりします。

 

したがって、ログイン頻度が低い人がいる場合、余裕があれば別のメンバーに入れ替えておくことを推奨します。18時間以上の断続が頻繁に起きる人は危険です。

 

最凶:やる気あるある詐欺による寄生

クラバト寄生の中でもっとも恐ろしいのが、いかにもやる気があるかのように振る舞って上位(グランドマスター帯)クランの募集に応募し、クラバトが始まった途端に音沙汰がなくなるという一流の寄生マンです。

 

しかもタチの悪いことに、彼らは加入審査のプロフカードのスコアを合成で偽装したり、たまたま前月だけ取り組んで高スコアを叩き出していたりと、一見すれば優良物件なんですよね。結婚した後に豹変しそう。

 

ザコクランならともかく、上位クランでは30人全員がベストを尽くしてハイスコアを狙いにいくのが普通であるため、寄生が一人出るだけで実質29人───単純計算で3.3%分のパワーロスとなり、途轍もないスコア損失が生じてしまいますし、またクラン内の士気も下がります。寄生されたクランは本当にかわいそう。お見舞い申し上げます。

 

Twitterでアイデンティティを洗え

寄生メンバーから本格的に身を守りたいのであれば、募集はすべてTwitterで行い、応募者のアイデンティティを逐一精査していく他ないでしょう。

 

言い方は良くないですが、寄生する人は基本的に責任感のない幼稚な人───雑に言い捨ててしまえばキッズが多いので、Twitterのアカウントを遡ったときに『授業』『講義』『〇限』『受験』『部活(クラブ)』『親』などと学生であることを匂わせていたり、著作権侵害や誹謗中傷をしまくっていたり、度を超えたイキリオタクだったりと、そのように明らかに素行に問題がある人物は、クラバト時にも『別に俺やらなくていいっしょww』的なノリでサボる危険性があります。なにせ無責任が許されるキッズですから。

 

あとは、ゲームを多重して掛け持ちしている人も寄生になる可能性が高いです。日常的に複数のゲームを平行しているがために、各ゲームのプレイが疎かになりやすいわけですね。

 

Twitterを見る際はそうした点に気を配ってみましょう。

 

では、アカウント歴が短かったり、投稿をほとんどしていないユーザーはどうすべきかと言うと、万全を期すのであれば加入させない方が良いです。性格やモチベを測れない人物はリスクです。

 

 

ひとつ余談ですが、社会人の赤ちゃんは『仕事忙しい』とか言いつつも、社会人としての責任感が備わっているためか、なんだかんだクラバトには参加してくれます。多分あなたのところの社会人メンバーのそのはず。

 

普通の人だったら、クラバトをサボったら多少なりの罪悪感を覚えるわけですよ。そこを何とも思わないという人は、つまりそういうこと。クラバトサボリ常習犯とは、いわば "リアル赤ちゃん" です。精神的赤ちゃん。おそらくですが、責任感を持つことのない(持たなくても問題なく生きられる)環境で過ごしているのでしょう。

 

 

ボスの防御力上げ過ぎによる環境固定

もうね、クラバトボスの防御力上げ過ぎなんですよ。デバフ係数の要求値高すぎ。

 

そのせいで構成が上位のデバッファーばかりになり、もはや純アタッカーの入る余地が無くなってしまい、サイゲのゲームがよく言われている『環境の一極集中』を招いてしまっています。昨月の7月度クラバトは、水マコと☆6レイによるデバフ独壇場でした。マルタゲのカメさんはともかくだったけど。

 

あれ?

 

  • ニュヨリさん!?
  • ☆6ヒヨリさん!?
  • クリイリヤさん!?
  • クリアヤネさん!?
  • クリクリスさん!?
  • ジー太郎さん!?
  • 水菜さん!?
  • 水タマさん!?

 

どこ行っちゃったんでしょうね。あぁ、クリクリスさんはTP上昇+3という重大なお勤めを果たしていらっしゃいました。プリコネではクリスのTP上昇+3を9万円で買えます。

 

冗談はともかく、もう少しボスの防御を下げて純アタッカーを入れられるようにした方が多様性も出ますし、キャラの選択肢が増えた方がユーザーも育成にリソースを注ぐようになり、結果としてガチャが回りやすくなったりマナ課金する人が増えるというのに。

 

ボスの体力は増やさない一方で、硬さだけは上げてくれてありがとう!

(なんでこうなるんだ...😭)

 

 

運営『アニメ勢を逃したくない!』

というのが最近よく伝わってきていて、これは前にも言っているのですが、最近は新キャラの恒常率が高かったり、新水着キャラの性能が露骨に抑えられていたり、重要度の高い限定キャラが復刻されたりと、新規が逃げ出さないための運営のケアがよく表れています。変な言い方をすれば "囲い込み" 的なアレですね。

 

新キャラは取り逃してもさして問題がない性能で、また過去の重要キャラは復刻で入手可能と。しかも水サは重要度が高いと踏んでいるのか、復刻頻度が高かったです。(2月、6月)

 

 

では、先述のそれを逆さにして考えてみましょう。

 

新キャラの限定率が高く、新水着キャラの性能がぶっ壊れで、水サやニャルなどの人権復刻がないプリコネ

 

これでは新規がたまらず逃げ出しますね。強メンタルの重課金者かガチのエンジョイ勢しか生き残れません。"ガチのエンジョイ勢" という二律背反は成立し得る。

 

 

夏の引退ラッシュを回避成功した運営UC

運営の作戦が功を奏したのか、今年は毎年恒例の引退ラッシュが発生しませんでした。サジェストに『プリコネ』と入力しても候補に『引退』と出てきません。悲劇は繰り返されなかった。

 

最近の運営はジュエルもよく配っていますし、以前より『運営が運営してる』感があります。水着キャラを新規逃走防止仕様にしたのも偉い。さすがにチツネ弱すぎだけど。

 

チツネがあまりにも弱すぎたせいで、ガチャが回らずに目下セルランが下落───それもガタ落ちしているので、おそらくですが調整担当者は上から叱られたでしょうね。チツネは完全にルックスだけの女だった。あと強いて言うなら、本体への些末な絆ボーナス。

 

せめてピーキーにすればよかったものを、出るところが一つもないまな板みたいな性能にしちゃってまぁまぁ。

 

 

話を戻します。

 

以下に関してはこれまた以前も言っているのですが、ガチャで重課金者から集金しつつライトユーザーを淘汰していくよりも、全体からゆるめにお金を集めるスタイルの方が長期的に見て儲かるんですよね。ゲームの寿命も長くなりますし。

 

最近はプリコネが中国へ進出したり(漢名:公主連結)、アニメがヒットして認知度が増え、新規が流入してきたというのもあり、プリコネはかなり軌道に乗ってきていると思いますし、だからこそ運営はこのコンテンツを長期で商業展開していくために、寿命を無為に縮めるだけのインフレおよびユーザー離れを抑えていくように思えます。(というか私ならそうする)

 

また、最近に至っては復刻の周期を半年にまで早めたり、また新キャラの恒常率が妙に高かったりと、おりゃんで付いてこれずに引退するユーザーを減らそうという意識がうかがえます。一言で言えば『篩のかけ方が極めて緩い』、ですね。淘汰圧絶賛減圧中。

 

ーーーーー

 

これまでの運営は、強い限定キャラを実装することで収益を得ようとしていました。強くて限定ならユーザーは必死になって回すからです。

 

ですがそれは諸刃の剣であり、上記によって限定キャラを獲得できずに引退していくユーザーが続出したり、またガチャを回させるための強キャラ実装はインフレの上塗りを繰り返し、結果としてコンテンツの寿命を縮めます。

 

最近の運営は、ユーザーを減らさないよう手加減していると思われます。

 

一つ憂慮するとすれば、アニメで入ってきたユーザーが定着し始め、『今さらやめたくない』と感じ始めるタイミングで課金圧を強めてくる可能性が無きにしも非ずで、心理バイアスである『今まで金をつぎ込んできたのだから、今さらやめるわけにはいかない』というコンコルド効果をうまく利用してくる線は一応あり得ます。

 

変な話をするようですが、課金というのは最初から圧をかけるのは悪手で、最初は低い金額を投入させ続け、『それまでの額を思うと今さらやめたくない』と感じる段階で圧を上げていきます。するとユーザーは、『やめたら今まで課金した分がもったいないからもう少し課金するか...』と投資を増量してくれるわけですね。最初の入り口を低く設定しておくのがキモです。

 

もっとも、運営がそこまで仕掛けてくるかはわかりませんが、ひょっとすると冬あたりに人権の限定ラッシュがあるかもわかりません。はたしてそんなズルい真似するかどうか。

 

 

☆6産廃復帰

某プリコネ配信者は次のように言いました。

 

『☆6リノや☆6ユカリはやりすぎだったし、そもそも実装順序おかしいよね』と。

 

以前の運営は、☆6キャラの実装順序やバランスの調整がかなーーーーーーり大雑把でした。これは誰もが認めるところでしょう。リノとか完全に環境破壊してましたし。

 

そもそも☆6ユカリなんて早期に実装したらアカンやつだったと思う。強すぎてアリーナとか実質1枠BAN状態。

 

それらの反省を得たのかどうか定かではありませんが、最近の運営は

 

  • ミフユ
  • シズル
  • アヤネ

 

といった、古代以降の環境から消えた産廃キャラを☆6化させ、環境復帰を図っていて、その性能もけっこう控えめに感じます。やはりニャル炎上後の2,3月あたりから運営のやり方が変わった...?

 

もしこの路線を継続していくと考えた場合、環境から落ち切っているキャラから☆6化されると考えた方が良いでしょう。とは言え、既存の恒常はほとんど落ち切っているのが実情ですが。

 

それと、運営はクラバトキャラの☆6化を露骨に渋っていますね。その考えはある程度理解できるものの、そろそろキョウカとかアカリとか☆6にしてほしい。最近のクラバトは物理2PT+ニャルばかりで飽きた。魔法=ニャルパなの何とかしてくれ。有力な魔法単体アタッカーが少なすぎる。

 

どれもこれもニャルのせいですね。

 

プリンセスフォームニューイヤーキャルちゃん待ってます...!!

 

 

装備およびアイコン色の法則壊れる

今までは装備の色に法則性があり、その法則に則ればRank16から枠の色が変わるはずでした。でも実際は変わりませんでした。Rank17の今になっても、引き続き紫のままです。

 

運営さん、次の枠の色をどうするおつもりでしょうか。なぜ今までの法則に従わなかったのですか。

 

ひょっとして、これからはもう永遠に紫だったり🥺

 

虹色でも何でもいいからそろそろ新色導入してほしい。

 

 

おいしく焼けましたか?

 

以上、美味しいオムレツの作り方でした!

 

次回のメニューは、群馬の海の幸をふんだんに使った【群馬の恵み海鮮丼】になります。乞うご期待!