【プリコネR】初心者はクラバトを考えない方が有利です

【プリコネR】初心者はクラバトを考えない方が有利です

 

こんにちは。

クランバトルでスコハンに呆れつつ残飯処理ばかりしているハイエナ因幡です。くさそうとか言うな。

 

さて、さっさと本題に入りましょう。私の持論の一つに

 

『クラバトはカンストしてからやれ』

 

というものがあるのですが、こんな漠然としたことだけ言われて納得できる人はいないと思います。

 

なに、『それくらい少し考えればわかるだろ』って?

 

それはあなたが聡明なだけです。

見ている限り大半の人は分かってない。

だってクラバトやってるもん。

 

ということで、今回はそれについてレクチャーしたいと思います。納得するかしないかはあなた次第。

 

 

リソース獲得の基盤作りを優先

初心者がいち早く強くなるためには、少しでも多くのリソースをより効率良く入手していくことが勝負の鍵です。そうすれば他のプレイヤーとも差が付けやすくなります。

 

ですので、スタートダッシュを切ったばかりの初心者であればあるほど、より多くのリソースを入手できるよう先を見据える必要があります。

 

では具体的にどうすれば良いのか。

どのコンテンツに注力すべきなのか。

優先順位が低いコンテンツは何か。

 

クラバトをやる?

クラバトを一番に頑張ってジュエルをゲットする?

だって、クラバトでジュエルやクランコインを手に入れたら有利だよね。

 

"否"

 

まったくの的外れ。

 

未カンストの初心者がやるべきこと、それは

 

  • メインクエストの早期攻略
  • 上位ダンジョンの早期攻略
  • アリーナの上位キープ

 

この三つです。これが非常に大事。でもクラバトは違う。

 

上記の3点は早く攻略するほどインセンティブがあり、例えばいち早くクエストを進め、解放した上位の探索をクリアできれば、毎日の探索のリソース獲得量が増えますし、上位のダンジョンをクリアできればスタミナ家具を獲得できます(道中のリソース獲得量も多い)。要するに育成スピードが早まる、と。

 

また、メインクエストは奥のステージの方がマナ獲得量が多いという利点があります。だからさっさと奥に進んだ方が有利なんです。

 

そして、リソースの獲得効率を上げることができた岸くんは、他の岸くんと差別化を図ることができました。スタミナもマナもいっぱい手に入るので、育成がメキメキと進みます。すると今度はアリーナの競争が有利になり、アリーナでの上位キープが容易になります。アリーナの上位に居座ることができた岸くんは、コインとジュエルを効率良く集めることができます。

 

これがリソース集めの基盤づくり。

岸くんの第一課題です。 

この基盤づくりにクラバトは全く関係ありません。

 

クラバトは(シングルモードを除いて)団体戦、それも最大30人の団体戦であることから、自分一人が───それも未カンストの初心者が注力したところでボーター越え(報酬アップ)に寄与するわけでもありません。ゆえにクラバトにリソースを割いたところで報酬は変わらず、育成効率も上がりません。あるのは唯一自己満足。

 

初心者にとって大事なのは自分のクラバトスコアではなく、クラメンの戦力およびクラバト順位であり、報酬を左右する点はそれしかありません。だから他力本願してください。

 

しかもです、初心者のうちからクラバトを意識し、早くからクラバトキャラに余分なリソースを割いてしまった場合、先ほど説明した基盤づくりのための攻略が詰まってしまう恐れがあります。初心者が育てるべきはクエスト向けのキャラ、ならびにアリーナ向けのキャラであり、間違ってもクラバト向けのキャラではありません。

 

例えば、初心者のうちからハロキョや水マコを育てても全くの無駄です。クエストでもアリーナでもロクに使えません。なぜその分の育成リソースを他に充てなかったのかと小一時間問い詰めたい。他に育てるべきキャラがいるでしょと。

 

そのナンセンスな育成で肝心の基盤づくりが停滞してしまったら、事実としてリソースを損失したことになります。普通にもったいない。初心者はクラバトキャラになんか構ってないで、☆6開花を見据えたりTier1キャラを最大強化する方が急務だと思います。

 

私が下記の記事で『初心者にマコトはいらない』と主張しているのは、そうした理由があってのことです。マコトリセマラ必須論は過去の話。

 

 

 

そもそもカンストしていないと楽しめないと思う

そもそもカンストしていないと楽しめないと思う

 

クランバトルはルナの塔同様、いわゆるエンドコンテンツであり、弱い岸くんが遊ぼうにもまともに遊べたものではないでしょう。

 

まずボスが強いのと、キャラおよび戦力不足でカスダメージしか出ないからです。そんな状態ではクランへの貢献も活躍もへったくれもありませんし、楽しくもないはず。活躍できないマルチゲームで楽しめるのは、いわば "本物のエンジョイ勢" だけです。

 

そういった諸々の理由から、『クランバトルはカンストしてからでいい』と私は強くプッシュするのであり、未カンストの育成途上状態で参加したところで、結局おままごとみたいにしかなりません。

 

ですので、それまではそれなりの順位のクランに寄生し、スコアはクラメンに任せて自分はカスダメを出していればいいんです。自分がやっても報酬は変わりません。初心者がクラバトにコミットするインセンティブ、ナシ😭

 

表ラスボスがカンストだとするなら、クラバトは裏ボス。表を片付けずして裏に挑むのは無謀であり愚行です。悪いことは言わないからやめておくれやす。

 

 

さて、かなり雑な説明でしたが、納得はともかく理屈は理解していただけたと思います。

 

私は別に『未カンストにクラバトを遊ぶ価値も権利もない。我こそ五行ザコは消えろカスミとぴえん』とまで言うつもりはありません。やりたければやればいいと思います(それはそう)。むしろ他プレイヤーはライバルなのですから、この際クラバトで摩耗して効率を損ねてくれた方がよほど助かります。

 

いずれにしても、チュートリアルの最中にいる未カンスト岸くんであれば、クエストとアリーナを進める方が客観的に見ても賢明ということは確かでしょう。後はご自由に

 

【まとめ】

効率厨の岸くんはより良い効率を追求するため、クラバトを仲間に押し付けつつ自分はクエストやアリーナ攻略にリソースを割いた方が良い。そしてそれらが落ち着いてからクラバトを視野に入れるべき。