1年もブログをやっているくせに、なんと1記事しか書いていない無能がいるらしい

1年もブログをやっているくせに、なんと1記事しか書いていない無能がいるらしい

 

はじめまして。因幡だよ。

 


先日、ブログ開設からようやく一年が経過した。

 

ブログの契約を更新し、一年延長した。併せて一万円強かかった。全財産が175円の私には身に沁みる額だった。明日は段ボール肉まんとイナゴの佃煮で飢えを凌がなければならない。オカズは志村家直伝の誉れと霞。

 

別にブログは無料でも書けるというのに、なぜか私は金を払って書いているし、入れられるのに広告ひとつ入れていないし、しかもあえてPVを増やさないよう途中から徹底した結果、開設から一年経過した現時点での記事数は1つのみ。つまりこの記事だけだ。こいつ狂っているな。照れるから褒めるなって🙄

 

このPVの下げ幅を見ていただきたい。上げ幅ではなく下げ幅だ。

 

 

 

自らこんな狼藉を働くチラウラーなんて、世界広しと言えども3万人くらいしかいないだろう。まったく自分が誇らしい。塩川正十郎も天国で笑ってくれてるよ。

 

 

次のことに関してはどう思ってもらっても結構だが、私がブログをやっている理由は(そんなん見ればわかるだろうが)知人作りでもチヤホヤでもワッショイでもオフパコでも出版狙いでもインフルエンサー地位作りでもない。私はただ単に好き勝手書いてぶん投げられる自分の空間が欲しいだけで、まことに遺憾ながら、ここ以外に適任がない。

 

例えばSNSや匿名掲示板では、自由気ままなアウトプットが難しい。

 

SNSでは外部のコミュニティに引っ張り出されてあることないこと言われてウザったい上に長文を書けないから誤解されやすく、また短文が前提のプラットフォームであることから、長文を垂れ流してしまうとお気持ち表明などと煽られる。

 

一方で、匿名掲示板は双方向の会話を目的とした一応は公共の場所であるため、概してアウトプットには不向きだ。あんな場所で自分語りはできない。しようものなら忽ち排除される。まるで長谷川亮太のごとくに、だ。

 

 

ブログを始めた理由

これは地味に話したことがないのだけれど、私がブログを始めたのはSNSでの書きづらさを感じたことがきっかけで、得てしてSNSではフォロワー数の増加、ならびにしがらみの増加とともに言いにくいことが増えていく。SNSで健やかに過ごすためには、多様なフォロワーに配慮した発言をする必要がある。つまりBANがあると言っていい。

 

このネタはBAN、あのネタはタブー。これも言えない、あれも言えない。まるで縛りプレイだ。

 

いや、別に嫌われる覚悟で何でもかんでも思うように言い切ってしまえば良かったのだろうが、あいにく私はそこまで鬼になれなかった。傷つく人を思えばこそ、言えないことのひとつやふたつやみっつやよっつやいつつもある。これに関しては弱腰というか手ぬるいというか、我ながら日和がすぎている自覚はある。なんなら全方位爆撃するくらいの図太いメンタリティを備えたかった。

 

そうして私はブログに駆け込んでアウトプットし始めた。罵詈雑言、好きなことを書き続けた。何でも書けるマイホームの快楽に酔いしれた。キモチェェ~~~!!!

 

そして、ブログを始めて間もないある日のこと、ブログ記事がごくごく弱火だが炎上した。しかも誕生日の翌日に。どうやらエゴサした人が見つけて騒いだらしい。

 

※今のブログの話ではない

 

罵倒でコメント欄がうるさいから謝罪記事を出した。心にもない態度だけの謝罪だったし、自分が悪いとも思っていなかった。なぜなら私に客観的非があるわけではなく、ホコリが出る衆の悪事を突っついたら集団で攻撃されたに過ぎないから。それでも、粘着されるのが嫌だからお帰りいただいた。ああいうのは謝ると満足してだいたい帰る。

 

先述の小火のお陰か、その週を境にしてブログのPVが伸びて行った。SNSで記事がシェアされたことによって、グーグルの評価が向上したのが要因として大きかったらしい。また多少ながらリピーターが付いたようだった。

 

 

そしてある日のこと、とある有名ブラック企業の悪事にコメンテートした記事がエゴサに引っかかったらしく、代理弁護士が5,000文字オーバーのクソ長抗議文を送ってきた。この話は何度かしている。

 

テキストは専門用語が随所にちりばめられ、小難しくてよくわからなかったが、要するに『記事を消さないとどうなるかわかってんだろうな』ということらしい。私はスラップ訴訟など御免被りたいから素直に従った。ぶっちゃけ少しだけ誇らしく思っているのはここだけの話だが、逆に言えば実績はそれほどまでに少ない。

 

私の記事がTwitterでシェアされた際の、RTの最高記録も100ちょっと程度だ。少なくとも、私のブログ記事がバズった試しはない。そもそもバズりを狙える内容なんて書いてない。時事ネタも少ないしなー。

 

第一、急にPVが増えると不安になるからそんなことは起きなくて良い。私がSNSへのシェアを良く思わない裏にはそういう理由がある。また見てのとおり、私のブログにはウェブサイトに一般的なSNSシェアボタンを設置していない。シェアされないに越したことはないからだ。

 

別に目立ちたくて書いているわけではないのだから、より目立つパブリックな場所に張り出されると気が気じゃないし、とくに私のブログ記事の場合は、声がデカい委員長タイプに見つかると燃やされてしまいかねない記事がいくつかあったから、多少のかみ合わせの悪さが炎上につながってしまう。すべては運の問題だった。

 

願わくば、SNSに記事を投げるのはご遠慮願いたい。イナゴっちがなだれ込んでくるのは困る。そんなことをされてしまっては、焼き畑農業する他なくなる。

 

 

さて、ひととおり書いて満足したから終わりとするわね。