アドセンスの規約をケアしつつ記事を書くのは難しい

アドセンスの規約をケアしつつ記事を書くのは難しい

 

このブログは将来的にグーグルアドセンスを導入するつもりでやっていますが、初めて行うアドセンス前提でのライティングは想像以上に難しく感じられます。これはなかなかに予想外でした。

 

と言うのも、アドセンスは同系列のYouTube広告以上にNGワードやジャンルが多いらしく、なにやら物騒なものを想起させる言葉遣いすらアウトになると聞き及んでいるため、ポリシー違反に怯えてなかなか筆が進みません。少なくともアドセンス規約はYouTubeより厳しいと思います。

 

例えば『シバく』と表記したら、グーグルの人が暴力的な表現だと判断して広告を取り下げられるかもしれないようですし、下ネタなどはたとえ虫食い表記や隠語でぼかしていても許されないようです。

 

アドセンスのNGワードジャンル
  • 性的な言葉
  • 賭博
  • 罵詈雑言
  • 依存性を持つ特定の嗜好品
  • 暴力行為を想起させる言葉
  • 差別用語
  • 武器
  • 死を連想させるもの

 

一般的に言われているNGワードをまとめると、だいたい上記のような感じになります。なかなか厳しいですねグーグルさん。あちらからすれば『嫌ならやめろ🥴』という話なのでしょうが。

 

また、どこまでが純粋な批判で、どこまでが差別やヘイトと見做されるのかがわからない点もネックです。明確な線引きはありません。そのため、現状はうかつな批評記事───ネガティブな内容は厳しいと考えられ、必然的に建設的な内容に限定されるでしょう。たとえ公然性があろうとも、批判が誹謗中傷と捉えられかねない以上はそうなります。

 

グーグルはそれら表現規制の詳細について、あえて公表を避けていると言われており、おそらくですが明確にラインを定めてしまうと、規約ギリギリのチキンレースまがいな表現に手を染めるブロガーが現れるでしょうから、それを嫌ってのことだと思います。きっとそうです。あくまで『常識ある範囲』としておいた方が管理が容易ですからね。

 

ボツが増える 

これまで記事を書き上げた後に『もしかしてこのテーマはアウトかも』と思いボツにしてしまったことが幾度もあります。どこまでがOKか明確でない以上、不安な記事を公開するわけにはいかなかったりします。好き勝手書いていた以前なら、そんなことにはならなかったのですが。

 

他の人も私のような理由でボツ記事を生み出しているのでしょうかね。私、気になります。

 

 

お役立ち系が多いのはそのせいらしい

お役立ち系が多いのはそのせいらしい

 

アドセンスポリシーをケアし、アドセンスの合格および掲載を見据えた上で書きやすい内容、または書くべき内容は主にお役立ち情報の紹介になると思います。考えうる限りではこれがもっとも無難です。

 

実際、アドセンスを導入しているブログを覗いてみると、料理レシピを紹介したりだとか、商品レビューをしたりだとか、前向きなアドバイスを書いたりだとか、かなり無難かつクリーンな内容が多くを占めており、それとは反対にアクの濃く批判的な内容は著しく少ないです。やはり下手をこくと中傷ないしヘイトと見做されかねないからなのでしょうね。

 

それに、グーグルが検索エンジンで実現しようとしていることは、ユーザーのクエスチョンに対する迅速かつ正確なアンサーの提供ですので、ある疑問に対する解決法や選択肢の紹介を提供する記事はグーグルから見ても好ましいと言えます。やはり最も書くべきはお役立ち情報の紹介です。Q&Aタイプの記事は(デマやフェイクを書かない限りは)ノーリスクハイリターンです。積極的に書いていきましょう。

 

 

私の気質的には批判やネガティブな内容も結構好きだったりするのですが、そのスタンスで続けてもアドセンスに通らないことは明白ですので、私は十八番を封じた上でブログを書いていく必要があります。いわゆる縛りプレイです。とは言え、広告というイメージ重視の媒体を扱う以上、こればかりは仕方がありません。文句を言うのはお門違いです。我々は小学生が見ても悪影響を受けないクリーンなブログを作り上げていく必要があります。

 

ブログにトゲのある考えを書くのが躊躇われる以上、そういった内容はnoteかTwitterなどの場所にプライベートで書くことにします。他の人も大抵そうしていると思います。普通の人間である以上、クリーンな発言ばかりし続けるというのもなかなか骨が折れますから。

 

 

アドセンスのために健全なブログを作ります

以前の私はブログ上で様々なトラブルを起こしており、まるで健全とは言えない有様でした。例えば、晒しはするわゴシップは書くわ著作権侵害はするわ削除依頼が来るわ記事を見て立腹した人にTwitterで絡まれるわで色々ありました。もちろんもう懲りてます。もうやりません。更生しました。

 

その反省を生かし、これからはコンプライアンス重視で無用なトラブルに巻き込まれないよう健全にやっていこうと思っていますし、クリーンにやっていた方が余計な心労も少なくなります。そして、このスタンスの継続が結果的にアドセンス合格へとつながると信じています。

 

ということで、当ブログの副題は、元三流汚れブロガーが健全なブログ運営でアドセンス合格というサクセスストーリー(成功するとは言ってない)になります。

 

ただ現実として、広告収益を狙うブロガーの実に8割以上が早期にリタイアしていますので、凡愚である私も心が折れてリタイアする可能性が非常に高いですが、一応3年ほどブログをやっているという小さい誇りにかけて日々継続していきたいと思います。